『約束していたお子様ランチ』

title09_a

 title09_a

ある日、若い夫婦が2人で ディズニーランドのレストランに 入ってきました。

夫婦は2人掛けのカップル席に 案内されると『お子様ランチ2つ』 と注文しました。

ところがディズニーランドには 『お子様ランチは9歳まで』 という決まりがありました。

キャストは丁寧に頭を下げて言いました。

『お客様、大変申し訳ございません。  お子様ランチは、お子様限定の

メニューになっております』

それを聞いた女性はがっくりと 肩を落としました。

キャストは、女性がとても がっかりしたのを見て、これは何か

特別な理由があるのかも…と思い、 思い切って尋ねてみました。

『お子様ランチはどなたが  お召し上がりになりますか?』

女性は静かに話し始めました。

『実は、子供がいたのですが、  1歳のお誕生日を迎える前に、

病気で亡くなったんです。  生前、子供の病気が治って

元気になったら、いつか、3人で  ディズニーランドに行って、

お子様ランチを食べようね…。と  約束していたんです。

なのに、結局その約束を果たすことが  できなかったんです。

今日は子供の一周忌なのですが、  子供の供養のために

その約束を果たそうと思って  ディズニーランドに来たんです』

『かしこまりました。  お子様ランチ、お2つですね。

それでは恐れ入りますが、  お席を移動していただけますか』

キャストは2人に向かって 頭を下げると、2人掛けの カップル席から

ファミリー席に 移動してもらいました。 そして、キャストは2人の間に、

子供用のイスを準備すると、 『お子様はどうぞこちらに』と、

まるでそこに子供がいるかのように 導きました。

しばらくすると、お子様ランチを 3つ持ってきて、

子供用のイスの前に 3つ目のお子様ランチを置いて 言いました。

『こちらは、ディズニーランドからの  サービスです。

ご家族でごゆっくりお楽しみください』 2人はとても感激しました。

そして後日、ディズニーランドに 手紙が届きました。

『お子様ランチを食べながら、  涙が止まりませんでした。

私たちは、まるで娘が  生きているかのように家族の団らんを味わいました』

(元東京ディズニーランド  総合プロデューサー  堀貞一郎氏の話より)

——————————–

実のところこのような行為は マニュアル破りの規則違反です。

しかし、TDRではこのような行為は 賞賛されるのです。

マニュアルは基本でしかありません。

マニュアルを超えるところに感動が潜んでいるのでしょう。

実際このような感動した内容の手紙が TDRには連日届きます。

そして、すぐに張り出され、 舞台裏で出演の準備をするキャストに 配られます。

舞台裏ではキャストとして働いている 多くの若者が共感して泣くそうです。

 

コメントを残す